看護師の他に助産師や保健師にも興味がある人は看護大学がお勧めです。

看護大学と看護専門学校の違い

 

女性

近年、看護学部を持った4大や、看護専門大学が増えてきています
対して看護専門学校は准看学校を中心に減少傾向となっています。

 

これは厚生労働省がより知識、技術に優れた看護師を増やしたいという意向もあるようですが、単純に看護大学に行くのと看護専門学校に行くのとでは学費の面でも受験の面でも負担が違ってきます。

 

看護大学に行ったほうがメリットは大きいですが、4年間の学費で私立ともなれば看護専門学校の10倍以上の費用がかかります

 

また、センター試験の受験も必要で、入学する前の段階からより高度な学歴を必要とする傾向にあります。

 

これだけの負担をかけてでも看護大学に行きたいと思う人に向けて、その学習内容の違いについて説明したいと思います。

 

 

 

看護専門学校は、とにかく看護師に特化したカリキュラムが組まれています。
卒業する時にも、看護師国家試験の受験資格のみ得られます

 

 

 

それに対して、4年制の看護大学では、看護師の学習と並行して、助産師や保健師のカリキュラムが入ってきます

 

これは大学によって、看護師・助産師統合カリキュラムのところもあれば、看護師・保健師の統合カリキュラムのところもあります。

 

そのため、入学する前から、看護師にも興味があるけど助産師もやってみたい、または保健師もやってみたいと思うような人にはおすすめです。

 

当然、卒業時に看護師国家試験と同時に助産師や保健師の国家試験も受けなければいけないし、在学中から勉強もしなければいけないため大変ではあります。

 

しかし、助産師や保健師での仕事は、平均年収で見ても看護師より多い傾向にありますし、学費や勉強をした分の恩恵は十分受けられます

 

 

 

このように、看護大学看護専門学校では、学習カリキュラムと受験資格に大きな違いがあります