お給料がいいからと言って散財していると40代以降で困る可能性も!?

看護師のお給料事情

看護師と通帳

 

看護師の年収は、男女差はほとんどなく、地域差や病院によって差があり平均で500万円前後といった感じです。

 

これは、平均350万円前後といわれる一般女性の平均年収を大幅に上回るもので、看護師は給料が高いというイメージ通りのものです。

 

ただ、看護師の給与で特徴的なのがスタートは良いがベースアップが少ないということ。

 

つまり、20代~30代では平均以上の給与をもらっていても、40代以降で後々他の職業より下回るという可能性があります

 

このような特徴から、若いうちにたくさんの給与をもらってしまい、派手にお金を使ってしまう癖が抜けず、後々困ってしまうような人もいます。

 

 

 

病院別にお給料事情を見ていくと、公立病院や大学病院は、最初の年収が少なくてもベースアップがあり、長く働くことで収入が増えてくる、安定してくる傾向にあります。

 

逆に民間病院の場合は、最初の年収が良くても、なかなか収入が増えないといった傾向にあるでしょう。

 

一つの病院で長く働きたいと思ったら、基本給よりも昇給実績に目を見張らせたほうが良いかもしれません。

 

賞与に関していうと、一般の会社並かそれ以上にもらえるところも少なくないです。
年に2回出るところが多いですし、病院によっては特別ボーナスが出るようなところもあります。

 

ただ、基本給を低く設定して、調整手当や資格手当、夜勤手当を手厚くして、賞与の金額をあまり高くさせないようにしている病院もあるため注意が必要です。

 

病院以外で見ていくと、老健、クリニックが多いですが、いずれも病院に比べると給与が低い傾向にあります。

 

やはり、給与を安定して稼ぎたい、高収入を狙いたいと思うのなら、規模の大きい病院を考慮したほうが良いでしょう。