公立病院や大学病院などは人気があるので不採用となることもあります。

看護師の就職率

 

看護師の就職率に関しては、一般の就職率とは比較にならないくらい良く、安定しているといっていいでしょう。

 

その背景を見ると、やはり看護師不足という問題が浮かび上がってきます。

 

看護師の人手不足の原因は、資格を持っていても働いていない、働けない人が多いためです。

 

よく見られるケースだと、妊娠・出産で子育てが大変で看護師の仕事との両立が厳しいことや、看護師の仕事に一度就いたものの人間関係や仕事のミスで自信を失って看護師の仕事をしたくないという人もいます。

 

 

 

周知の事実であるように、日本は高齢化社会なので病院だけでなく在宅・施設においても看護を必要とする方が多くいます

 

そのため、看護師は様々な場所で活躍する場が与えられており、求人も多く掲載されています。
看護師で就職しようと思って試験を受けたらほとんどが採用され、100%近い数字が出ています。

 

人気の高い公立病院や大学病院などでは、採用条件が厳しくなっていたり、採用試験が難しく、応募が多くて不採用となるケースもありますが、全体として見ればこのようなことはほとんどありません。

 

また、子育てなどで長くブランクがあっても、採用が見送られることはほとんどないので、看護師の資格を保有している強さもあるでしょう。

 

 

 

患者と看護師

今後については、外国人看護師の派遣やロボットの導入といった声も聞かれますが、患者さんとのコミュニケーションが看護をする上で何より大切だといわれており、やはり現在の状況が続くと思われます

 

したがって、看護師の人材不足は当面解消されそうになく、売り手市場は続くでしょうし、少子高齢化が加速し、なり手が少なく、患者さんは増えるといった状況になるかもしれません。