大変なことが目に付きやすい看護師ですが、やりがいもたくさんあるんです!

看護師のやりがいとは?

 

クエスチョン

 

看護師の仕事は、病院の仕事の中でも一番患者さんに近い職種といっていいでしょう。

 

患者さんに近いということは、それだけ身体的にも精神的にも負担があり、嬉しいこと、楽しいこと以上に落ち込むこと、悲しくなることのほうが多いといえます。

 

それでも看護師の仕事を続けられるのは、収入だけの部分ではなくやりがいを感じているからでしょう。

 

患者さんが辛い時、苦しい時に傍で助ける看護師だからこそ、患者さんが回復した時には一層喜びを感じることができるし、自分の看護が少しでも助けになったと思えば充実感を感じます。

 

 

 

また、患者さんからケアの後や退院する際に感謝の言葉をかけられると、本当に良かったなとやりがいを感じることができます。

 

そういった患者さんの助けになるために看護師は日夜知識や技術を磨き、スキルアップしていく必要があり、努力もしなければいけない大変さもあると思います。

 

ただ、自分のスキルアップを現場で直に実感できるのも看護師の仕事の魅力です。

 

例えば、他の人が入らなかった注射が自分は入って、患者さんからも周りの看護師からも感謝されたりすると自分の成長を実感したりもするでしょう。

 

 

 

看護師を続けていくと、患者さんとの関わりだけでなく、後輩看護師の育成という意味でも役割を与えられるようになってきます。

 

新人や後輩看護師への教育は非常に大変です。

 

自分の期待通りに動いてくれなかったり、患者さんに迷惑をかけてしまって代わりに謝罪したりと、本意ではないことも多々ありストレスを感じます。

 

しかし、粘り強く教育した結果、後輩の成長を感じるような出来事に直面したときには頑張ってきて良かったと報われたような気持ちにもなり、そういった意味でもやりがいを感じることもできます。