臨床検査技師は医師の指導・監督のもとに、血液、免疫、心電図、脳波などの検査を行います。

臨床検査技師

臨床検査技師の資格を持つ人

 

臨床技検査技師は医師の指示のもとで患者の血液、尿などを検査する検体検査、心電図や脳波検査などの生理機能検査などを行います

 

臨床検査技師になる為にはどのようにすればよいのでしょうか?

 

臨床検査技師の資格の取得方法

一般的な臨床検査技師になる方法は、大学や専門学校などの臨床検査学科などを卒業し、臨床検査技師の国家試験を受験して合格する事です。

 

また、獣医学や薬学系の学科を卒業した場合でも国家試験を受ける資格を得る事が出来ます
国家試験の合格率は約80%ほどで、その多くが女性となります。

 

 

臨床検査技師の就職先

 

病院

病院に訪れた患者や入院患者などの検体検査や生理機能検査を病院内の検査室で行います。

 

病院の規模にもよりますが、特別な病気が疑われる場合には特別な検査方法をとらなくてはいけない場合、外部の検査センターに発注する事もあります。

 

病院で働く場合、患者の数だけ様々な病状があったり、場合によっては救急患者の検査を行わなくてはいけない為、多忙になる場合があります。

 

またいくつもの検査を同時に行わなければならない為、豊富な経験と知識が必要になります。

 

病院勤務の場合、医師や看護師と同様にシフト勤務である事が多く、場合によっては夜勤になる事もあります。

 

健診センター

多くの健診センターでは臨床検査技師を常駐されていることが多く、場所によっては1つの検査だけを扱ったり、複数の検査を行う場合もあります。

 

特に乳腺など女性専門の検査に置いては女性の臨床検査技師が働いている事が多いです。

 

健診センターで働く場合、病院のように緊急患者が来るわけではないので精神的な負担が少なく、シフト勤務にはなりますが夜勤などにはならずに日勤で働く事が出来ます。

 

臨床検査センター

病院やクリニックなどで採取された検体がその病院やクリニックで検査ができない場合、臨床検査センターに外部発注します。

 

さまざまな病院やクリニックから検査以来を受ける為一般的な病院や健診センターとは比較にならないような大規模な検査機器があったり、特別な試薬を使用することもあります

 

臨床検査センターは全国に約800ほどの施設にあり、そのうち民間で運営されている臨床検査センターは約700ほどです。

 

治験コーディネーター

製薬会社が新しい薬を作るためにその病気の対象者や健康な人に試用期間の薬を使用してもらって、使用前と使用後のデータを収集してその安全性や有効性を確認する臨床試験を行う事を治験と言います。

 

治験コーディネーターはその薬を使用する患者さんや被験者の方に説明やケアを行う仕事です。

 

他の臨床検査技師と比べて直接人と接する事が多いため、コミュニケーション能力も必要になります。