看護師は夜勤勤務の多い職場であればあるほど離職率が高くなっています。

看護師の離職率

 

看護師の離職率について

公益社団法人日本看護協会が2015年に発表した調査によると、看護師の離職率は常勤の職員で約10%新卒の職員だと約7%ほどであるという結果でした。

 

要するに看護師は毎年10人に1人は仕事を辞めてしまっているわけです。この結果は何も今に限ったわけではありません。

 

ここ数年ある程度の数字の変化はあるもの、ほぼ同じくらいの結果が発表されています。

 

また、日本医療労働組合連合会の調査によると、現在就業している看護師のうちなんと4人に3人は「辞めたい」という思いを抱えつつ仕事をしているという結果が発表されています。

 

では、看護師はなぜそれほど仕事を辞めたいと思ったり、実際に仕事を辞めたりするのでしょうか?

 

出産や育児の為

看護師は男性でも就く事が出来る職業ですが、現在でも圧倒的に女性の数が多い職業です。
そのため、一番多いのは出産や育児の為仕事を離れてしまう事なのです。

 

他の仕事であれば一時的に求職する人も多いのでしょうが、看護師が一度仕事を辞めてしまうのには、離職率が高いので再就職もしやすいという理由があります。

 

また、現在では育児が一段落した際に正社員の看護師として働くのではなく、パートや派遣社員として働く方も増えてきています。

 

 

人間関係が辛い

看護師だけでなく人間関係は離職や転職しようとする理由の1つの原因になっています。

 

看護師は女性の多い職場なので他の職場に比べ、人間関係が複雑になりやすくそれを悩んでしまう人が多いのです。

 

また同僚や医師からパワハラを受けたり患者からセクハラを受けてしまう人も多く、それがストレスになり辞めてしまう人も多くいます。

 

 

体が辛い

看護師は基本的にシフト勤務で働く事が多く、更に長時間働く事が多かったりなど体調に不安を覚える人が多いのです。

 

特に夜勤勤務のある大病院であったり、夜勤の比率の多い職場であればあるほど離職率が高くなっています

 

夜勤がなぜそれほど辛いのかというと、夜勤はもともと人数が少なく設定されているので、自然と受け持つ患者の数が多くなってしまうのです。そのため仕事量やプレッシャーがどうしても多くなってしまいます。

 

また、夜勤の時間は月に72時間と定められているのにも関わらず、それを越えて働かざるをえない人も多くいるのです。

 

 

さまざまな働き方が選べるため

看護師の働く場所は病院だけではありません。
介護施設、検診センター、クリニックなど様々な働き口があります。
そのため、自分の求める働き方にあった職場を選ぶ人も多いようです。

 

また、キャリアアップやスキルアップ、収入のより多いところなどより自分に合った職場で働こうとする人もたくさんいます。

 

 

看護師が離職しない為に

まずは自分が勤めようとする職場の環境をきちんと見極めましょう
就業してもすぐに退職してしまう看護師もいないわけではありません。
自分がより働きやすい職場に就業する事が大切です。