看護師の病院以外の転職先の仕事内容をご紹介します。

看護師の病院以外の転職先一覧

 

看護師が働く場所といえば真っ先に思いつくのが「病院」ですよね。

 

確かに就業している看護師の約80%が病院に勤務しています。
しかし、看護師の働ける場所は病院だけではありません

 

では看護師は他にどのような場所で働く事ができるのでしょうか?

 

産業看護師

大きな企業では会社内にクリニックの設備があるところがあります。

 

そこでは企業内で出た急患の応急処置などの看病や定期的な健康診断などを行っており、そこに勤める看護師を「産業看護師」と言います。

 

また、看護師だけでなく医師も常駐している事が多いこと、重大な病気であればきちんとした病院に任せられるので責任もあまり重くありませんが、クリニックで全ての職員の健康管理をする必要があるので、ある程度のパソコンスキルが必要になります。

 

クリニックの設備がある企業の多くは都会である事が多く交通の便がよいこと、企業で働く事になるので勤務時間がきっちりしており、土日祝日が休みである事が多いので、看護師の中でも人気の高い職種です。

 

なお、産業看護師になる為には学会資格を取得する必要がありますが、一定の条件をクリアすれば認定を受ける事ができます。

 

 

介護施設

近年では高齢者が増えてきているため、介護施設の数が増えてきています。
そこで働くのは介護職員だけではなく、看護師も働いています

 

基本的に医療行為は無く、日々の健康管理や投薬などのケアを行う事が仕事内容になりますが、施設によっては胃ろう、人工肛門の管理、インスリンの注射などを行う事もあります

 

介護の仕事は介護職員が行ってくれる為、看護師が行う事はありません

 

万が一利用者の病状が急変した場合、病院へ搬送する事になるのでそれまでの応急処置は行いますが、それ以上の対応は行いません

 

また、在宅で介護を受けている利用者のために訪問介護を行う看護師もいます
その場合、介護施設や病院、自治体などと連携を行う必要があります。

 

また給料がよいことも多く、自分のライフワークに合った働き方ができるので介護施設で働く看護師も増えてきています。

 

 

保健室

学校、幼稚園、保育園の保健室で働いている保健師は看護師も募集していることがあります

 

保健室で働く看護師

特に保育園では病気の子供を預かる病児保育も増えてきてるため、何かあってもすぐに対応をしてもらえる看護師を求人しているところもあります。

 

病児保育でなくとも都道府県によっては保育園に一定の看護師を配置する事を定めているところもあります。

 

他の職種と比べ給料が少ないことが多いですが、子供好きな方にはおすすめの職場です。

 

 

治験コーディネーター

治験は薬などの臨床試験を行って新しい薬品を開発する事です。
治験を行う病院で対象の患者さんに接して治験の内容を説明することが主な仕事内容です。

 

ちなみに治験の際の医療行為はその病院で働く看護師が行う為、治験コーディネーターが医療行為を行う事はありません